バイオハザード ディジェネレーション

バイオハザード ディジェネレーション

ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスには生物を凶暴化させる効果があった。しかし、このウィルスが感染拡大したことにより住民らがゾンビ化したため、米国政府はミサイル攻撃による<滅菌作戦>を実行し、ラクーンシティは消滅することになった。

制作年:2008年

©2008 カプコン/バイオハザードCG製作委員会

RECOMMEND FOR YOU
あなたにおすすめ